グリーンレーザーポインターはレッドムーンで撮影しました。

その代わりに、このシーンは、科学、赤色レーザーポインター100mWのフィクションフィルムからではありません。それも、本当の色、RADIUSの緑と赤い月ので、偽造されていません。ブラスは、この美しい発色で日食時の地球の影に彼の飛躍に、4月15日(火曜日)最後でした。

気を取られ、赤夕暮れを含め、世界中から理論的に暗闇の中であるため、太陽と実際に点灯月の周りの地球の後ろにあるが、これらの例で

 満点の星キャップグリーンレーザーポインター ペン 20mw

雰囲気、レーザーポインター100mWの緑の影月の中央に収束します。実際にニューメキシコ5000mwレーザーで観測アパッチポイントから、それは多くの場合、地球の大気を通って循環する緑色の光が発射しました。

このレーザーショットの目標は、月に1971年にアポロ15号の乗組員によって配置された反射器です。地球と月の間の往復時間で正確にRADIUSを測定することにより、私たちは私たちの自然の衛星を決定することができ、デフォルトでは例えば、最も近いミリメートルと試行に一般相対性理論のグリーンレーザーポインター 100mW理論を距離を隔て。日食の際に、この実験を行う宇宙が太陽の直射光から変更としてあなたが地球を使用することができ、反射性能が大幅にブロックされ、そして満月の呪いを反転することが許さ改善。

満点の星キャップグリーンレーザーポインター ペン 30mw

検察は最初表示しなければならない」という同様の状況に被告またはレーザービームを操作するために理解するための方法であっても、平均の人々を、「シルバーマンは言いました。
ケースで無謀な危険にさらし拡張を適用することにより、「地方裁判所は、危険の意識に意識的かつ意図的な行為のサポートされていない飛躍をしました。」
ように "ロドリゲスは、生命の安全のために無謀な無視して行動した合理的な事実認定を締結するのに十分ではないそれ自体が、「同様のロドリゲ​​ス意図的にはヘリコプターでレーザーポインター 緑 10mw思われる、シルバーマンは言いました。
いわば、検察は、彼のアパートで警察が到着したとして、それを強調点は、ロドリゲス複合体を走った持っている」が、彼の回避行動は全く光をスローしない、彼がしようとした場合、生命の安全のための無謀な無視と航空機の安全な操作、それほど深刻な法的行動とは違って、意図的に「与党の状態を乱します。